クリニックモバイル

医師の転職・募集ならDtoDコンシェルジュ

循環器科

HOME >> 診療科のご案内 >> 循環器科

循環器科

Adobe Flash Player を取得

循環器科は、主として「心臓」や「血圧」の病気を扱っています。たとえば、虚血性心疾患(動脈硬化による狭心症・心筋梗塞など)、心不全、不整脈、心筋症弁膜症等の心臓病や高血圧・低血圧等を中心に診察しています。しかし心臓・血圧に問題がある方は、その他にも色々な病気を併発されていることも多いので、他の診療科と連携をとりながら、患者様の全身全てに心を配って診療・治療しております。

循環器外来は月曜日から土曜日までの毎日、午前・午後とも診察を行っており、何か問題がある方にはすぐに対応出来る体制となっております。

当科で行っている主な検査としましては、心電図・トレッドミル運動負荷心電図・24時間ホルター心電図(携帯型長時間記 録心電図)・心エコー・血管エコー(特に頚動脈や腹部)・末梢動脈の脈波検査・胸部レントゲン検査・CT等があり、更に高度の検査・治療として心臓カテーテル検査・PCI(経皮的冠動脈形成術)・PTA(経皮的血管形成術)・ペースメーカー植込み術を茨城県県南地域でも指折りの経験豊富な医師が行っております。
他院でカテーテル治療は出来ないといわれた患者様も多く治療を受けられております。

カテーテル検査

心臓の機能・冠動脈の状態の評価および治療を行う検査です。
特に、狭心症・心筋梗塞の治療方針の決定・および治療(インターベンション)、弁膜症の治療方針の決定、心筋症の診断、大動脈瘤の検査などに有効です。

太ももの付け根や腕などの太い動脈から「カテーテル」と呼ばれる細いチューブを心臓まで進め、そこから造影剤を流し、心臓の機能や、血管の形体の評価を行います。また、そのまま治療を行うこともできます。

PCI (経皮的冠動脈形成術)

狭窄した心臓の冠状動脈を拡張し、血流の増加をはかる治療法で冠動脈の閉塞や狭窄などにより心筋への血流が阻害され、心臓に障害が起こる虚血性心疾患に対して行われます。
狭窄した病変部にガイドワイヤーと呼ばれる細い針金を通過させ、そのワイヤーに沿ってバルーンカテーテル(風船)を病変部まで届けて、風船を膨らませて病変を拡げる治療法です。拡張した部分にステントと呼ばれる金属の内張りを留置し補強することもあります。

写真 写真 写真

心臓カテーテル検査

(手術前)

心臓カテーテル検査

(ステント留置)

心臓カテーテル検査

(手術後)

ページトップへ

ペースメーカー植込み術

ペースメーカー治療とは、心臓の電気伝導が正常に機能せず、心室の収縮が極端に遅くなったり、止まってしまって全身の循環に重大な悪影響を及ぼす場合に心臓に生来そなわっている電気発生にかわってペースメーカーという機械によって電気刺激を送り込む治療です。体内にペーシングシステムを植込む手術は比較的簡単で、1~2時間足らずで済みます。ペースメーカー本体はマッチ箱ほどの大きさで、鎖骨の下の皮下に植込まれます。リードは鎖骨付近の静脈を通して心臓内に入れられます。各リードの先端は心臓内の組織に直接触れるように装着します。植込み手術は通常、局部麻酔と患者さんをリラックスさせる薬剤を使い、患者さんが意識のある状態で行います。

いったんペースメーカーが植込まれたら、医師の指示を守って定期検査を受けることが非常に大事です。検査では医師がシステムの機能をチェックするほか、ペースメーカーの電池の状態もチェックします。

PTA(経皮的血管形成術)

動脈硬化症で狭窄した末梢動脈をバルーンカテーテル(風船)で拡張する治療法です。
拡張した部分をステントと呼ばれる金属の内張りを留置し補強することもあります。

デジタル血管撮影装置

平成20年6月に、当院ではデジタル血管撮影装置を更新しました。従来の装置と比べ、最先端のテクノロジーにより、被ばく線量の低減ができ、かつ微細な血管の描出の鮮明さが増し、より精度の高い診断・治療が可能となりました。患者様には、より安全、安心に検査・手術を受けていただくことができます。

 

前のページへ戻る   医師の紹介はこちら

ページトップへ