クリニックモバイル

医師の転職・募集ならDtoDコンシェルジュ

基本理念・方針

基本理念

安心して命を委ねられる病院として、
地域住民の健康と幸せの実現に貢献する。

運営基本方針

  • ・患者様の立場に立ち、「思いやり」と「優しさ」あふれる医療を実践します。
  • ・地域医療の担い手として、医療、看護、介護サービスを包括して提供します。
  • ・循環器病院としての専門性を活かし、地域医療に貢献します。
  • ・質の高い医療を提供し、全職員の幸福を追求します。

代表ご挨拶

医療法人社団輝峰会東取手病院は昭和55年に心臓血管外科中心の病院として開設以来、一貫して循環器領域を中心に取手の地にて診療を続けてまいりました。

その後、内科領域のニーズの増加を踏まえ、外科領域から移行し、少しずつ循環器内科領域の体制を充実させてきました。また、ここ数年ではグループ施設の介護老人保健施設であるはあとぴあとも連携し、循環器領域に限らず高齢者患者の増加にも対応をしております。

具体的には循環器以外の一般内科や呼吸器内科領域、認知症を含めた老人内科と少しずつその対象を広げながら、地域から求められた医療を実践してまいりました。また、地域からの将来のニーズを見据え、裾野が広がってきた在宅医療分野である訪問診療、訪問看護、訪問リハビリテーションなどの体制も充実いたしました。

今後は高齢化の更なる進展や疾病構造の多様な変化により、循環器領域の疾病もますます合併症などが増えてまいります。当院と致しましては、「循環器を得意とする病院ならではの、豊富なノウハウと知識に基づいた最適な医療の実践」と「グループの力を活かした高齢者向けのトータルな医療提供」を二本柱とし、地域の皆様が当院に期待する役割をしっかりと果たしてまいりたいと考えております。

これからも東取手病院をよろしくお願いいたします。

ページトップへ