医療法人社団輝峰会 東取手病院

NCDおよび全国がん登録について

NCDおよび全国がん登録について

一般社団法人NCDの手術・治療情報データベース事業への参加について

当院(消化器外科)では、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者様に最善の医療を提供することを目的としたプロジェクトです。

NCDへ登録する情報は、「手術と治療に関する情報」、「手術や治療の効果やリスクを検証するための情報(年齢や身長、体重など)」となります。また、患者様の氏名ではなく、IDを用いて登録しますので、個人を容易に特定することはできません。これらの情報は、患者様に関わる重要な情報となりますので、当院およびNCDは各法令や取り決め(「個人情報の保護に関する法律」、「人を対象とした医学系研究に関する倫理指針」、「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンス」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を基に厳重に管理いたします。

データの公表は、NCDが承認した情報のみが集計データとして公表されます。このデータより、どなたのものであるか特定されることはございません。

原則として、患者様より不同意の意思表示がない限り、同意いただけたものとして診療情報を登録させていただきます。なお、データの登録に賛同いただけなくても診療に不利益を被ることは一切ございません。

より詳細な情報は下記に掲載されていますので、そちらもご覧ください。

一般社団法人National Clinical Database(NCD)ホームページ

「全国がん登録制度」について

「全国がん登録制度」とは、2016年(平成28年)1月より施行され、日本でがんと診断された全ての人のデータを、国で1つにまとめて集計・分析・管理をする制度です。

全国の医療機関は「がん登録等の推進に関する法律」に基づき、がんと診断された人のデータを都道府県知事に届け出ることが義務化され、国立がん研究センターの「全国がん登録データベース」に登録されます。

病院ががん登録の届出をするとき、患者様本人に同意は求めません。同意の得られた方のみの登録では情報が偏ってしまい、がん登録の本来の目的である全てのがんの数を把握することができなくなります。「がん登録等の推進に関する法律」では、がん登録にあたって患者本人の同意を得なくてもよいとされており、「他人に個人情報を知られたくない」という理由でがん登録を拒否することはできません。

登録される情報は、「氏名・性別・生年月日等」ですが、わが国には現在がん登録に利用できる“国民番号”のようなものがないため、登録漏れの防止や追跡調査などに個人情報を利用せざるを得ない状況となっています。がん登録の業務に従事する職員は、“個人情報の取り扱いやデータの処理方法について、専門的な研修を受けた者(がん登録実務者)”が担当にあたり、その中でも“個人情報保護の観点から集められたデータにおいて名前などの個人情報を取り扱う者”は限定されております。

より詳細な情報は下記に掲載されていますので、そちらもご覧ください。

がん情報サービス
全国がん登録とは