医療法人社団輝峰会 東取手病院

基本理念・ご挨拶

基本理念・方針

基本理念

安心して命を委ねられる病院として、
地域住民の健康と幸せの実現に貢献する。

方針

  • 患者様の立場に立ち、「思いやり」と「優しさ」あふれる医療を実践します。
  • 急性期医療から在宅医療まで切れ目のない医療サービスの提供に努めます。
  • 地域の医療機関・保健・福祉施設との連携を深め地域医療に寄与します。

会長ご挨拶

 東取手病院は昭和55年に現在の地に開院して以来、主に心臓外科、循環器の領域を中心として地域医療に貢献してまいりました。また、近年は呼吸器、消化器、糖尿病といった専門内科を充実させるほか、認知症を含めた老人内科や在宅医療のニーズにも積極的に対応しています。

 今般、建物の老朽化に加え、地域からのより広いニーズに対応するために、近隣地に新病院の建築を開始し、この度完成に至りました。
 
 新病院においては、外来、入院共に現在の病院の約2倍のスペースを確保し、居心地の良い診療環境を改めて整備した他、200㎡超のリハビリテーション室を設置し本格的な実施体制を整備しました。また、電子カルテを始めとした各種システムの導入により外来待ち時間の短縮に加え、老人保健施設や在宅部門などの当院グループ施設との患者情報の共有を充実化させ、より緊密で迅速な連携を実現いたしました。さらに、新たに設置した健診センターでは日帰りの健診から宿泊のドックまで対応しております。

 疾病の予防から救急、急性期の疾患、そしてリハビリ、療養期まで、地域の幅広い医療ニーズに応え、当院の基本理念である「安心して命を委ねられる病院として、地域住民の健康と幸せの実現に貢献する」ために今後とも全力を尽くしてまいります。

医療法人社団 輝峰会
東取手病院