医療法人社団輝峰会 東取手病院

リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリ内容

リハビリテーション科

  • 理学療法
  • 作業療法
  • 言語聴覚療法
  • 短時間通所リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
  • リハビリ公開講座(地域住民向けに年3回程度開催)

【施設基準】

心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
廃用症候群リハビリテーション料(Ⅱ)
地域包括ケア入院医療管理料1
摂食機能療法

リハビリテーションとは

心身に障害を持った方に対して各種機能回復訓練を通じて、日常生活上の様々な活動を自立させ、家庭や社会に復帰させるのがリハビリテーションの目的です。

当院では心大血管・運動器・呼吸器・脳血管などのリハビリテーションを対象として行っております。
近隣住民の方々をはじめ多くの患者様に対し医師・看護師・ソーシャルワーカーなどのスタッフと連携を図り急性期から在宅医療まで支援できるよう心がけています。

当院のリハビリテーション

当院では、急性期医療から在宅医療まで切れ目のない医療サービスの提供に努めております。
急性期から積極的なリハビリテーションの介入を行い、自宅退院に向けての支援を行っております。退院後は、外来リハビリテーションの提供を行い、機能回復や自宅生活の支援と病院医療の充実さを図っております。

2018年4月より短時間通所リハビリテーションを開設します。それにより、通院が困難な患者様及び在宅生活を重視される患者様に対し、短時間通所リハビリテーション・訪問リハビリテーション・訪問看護ステーションサービスを希望にそって選択・提供できるよう展開しております。
地域住民の健康と幸せの実現に貢献するため、病院医療・在宅医療の充実を図り、様々な患者様の快適な生活を取り戻し、安心して生活できるよう支援させていただいております。

▼見出しをクリックで本文が表示されます。

1. 理学療法とは

専門療法士:理学療法士(Physical Therapist:PT)
脳梗塞後の麻痺や、骨折、慢性的な痛み、加齢による身体機能の衰えなど様々な原因による運動障害に対して、医師の指示の下でリハビリテーションを行い、運動能力の回復を援助する仕事です。具体的には「寝返り動作」「起き上がり動作」「起立動作」「歩行能力」といった基本的な動作能力をサポートします。徒手的な運動療法だけでなく、必要に応じて物理療法も取り入れながら身体機能の回復を目指します。

2. 作業療法とは

専門療法士:作業療法士(Occupational Therapist:OT)
作業療法は、理学療法と仕事内容が近しいですが、特に上肢機能や日常生活動作を専門分野としており、リハビリを行う中で日常的な動作や活動を取り入れていくことが多いです。具体的には、起きる・座るなどの基本的な動作から、食事や更衣・排泄・入浴・家事などの日常生活で必要な動作の能力を維持したり、高める手助けをします。また、計算や体操・編み物や書道など認知面の低下予防や、趣味・楽しみにつながるような作業活動を取り入れることもあります。

3. 言語聴覚療法とは

専門療法士:言語聴覚士(Speech-Language-Hearing Therapist:ST)
言語聴覚療法部門では、脳卒中や神経疾患により生じるコミュニケーション障害に対し、評価・リハビリテーションを行っていきます。再び自分の想いが伝わることにより自信を持ち、生きがいを持って生活が行えるようにサポートしていきます。また、食べることに障害がある患者様に対しても、美味しく楽しく、そして安全に食事が召し上がれるように、評価・練習を行います。食べることは飲み込みの機能だけでなく、口腔内環境・姿勢・手指の動きなど全身と非常に強く関連しているため、言語聴覚療法だけでなく各部門と協同して訓練を実施していきます。また、患者様ご本人だけでなくご家族様へのアドバイスも積極的に行っています。

嚥下機能検査のご紹介

嚥下造影検査(Swallowing VideoFluorography:VF)

造影剤を含んだ食品をX線透視下で嚥下し、誤嚥のチェックや口腔・咽頭・食道の動き観察等に有用な検査です。

嚥下内視鏡検査(Swallowing VideoEndoscopy:VE)

鼻より細いファイバースコープをのどに挿入して、唾液貯留や食物残留の有無や程度を観察します。これらは嚥下機能の障害や咽頭感覚の低下に関連しており嚥下障害の重症度や誤嚥の危険性の指標となります。

*両検査とも安全に食べるための条件を見つける事ができ、治療方針を立てる上でとても有用な検査です。当院においても飲み込みに問題がある方に対してのリハビリテーションを行っており、必要に応じて検査を実施しております。

短時間通所リハビリテーション

当院では、短時間型(1時間以上2時間未満)の通所リハビリテーションを2018年4月2日から開設します。
当院所属のリハビリテーションスタッフによる専門的な機能訓練や、医療上必要な観察を受けることができ、外来リハビリテーションと同じ感覚で通所リハビリテーションを受けることができます。

詳しくは、こちらをご覧ください

リハビリ公開講座

地域住民向けにリハビリテーションスタッフが、リハビリ公開講座を開催しております。
この講座は、毎回各テーマを掲げ、テーマにそった講義や体力測定、自主トレーニングの指導、相談等を行っております。地域住民の皆様の健康増進に役立つアドバイスや二次予防に繋がるよう努めております。